ブログ

左の肩甲骨の痛い患者さんの症例

何もしなくても左の肩甲骨が痛い。

という患者さんです。

 

視診(姿を見て身体の変化を見る)をすると、首が右に傾いています。

痛みが出ているのは左の肩甲骨。

 

触診(体を触って左右差などを確認する)をすると、左の大胸筋(鎖骨の下辺り)が凝っています。

他は右の肘部と右の親指に硬結(コリ)があります。

 

ここで考えたのは「左の肩甲骨が痛いのだけれども、コリや張りは右側が強い」

ということはどういうことか?

 

結論は右側のコリやハリがあることで、首を右に引っ張る。

首が右に引っ張られることで左の肩甲骨もそれに伴い緊張が強くなる。

結果として、肩甲骨に痛みが出ている。

と解釈しました。

 

なので、あとはこれが合っているか?

を確認していきます。

 

右のコリやハリを取っていくと、首が真っすぐに戻ってきました。

左の大胸筋のコリもはがしてみると、肩甲骨の痛みがなくなりました。

 

どうやら考察が当たっていたようです。

しかし、なんでこのような症状が出たのか?

を考えると、右の腕の使い過ぎと背筋をピンとすることで自分で大胸筋を常に緊張させている日常。

に問題があるようでした。

 

やはり、症状と言うのは自分では気づいていないだけで、実は自分で作っているということですね。

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。