院情報

院情報・アクセス

●住所
〒957-0062 新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
駐車場:3台(店舗前2台・道路を挟んで向かい空き地の駐車場1台)
●ご予約・お問い合わせ【完全予約制】
0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。

●アクセス

「西新発田駅」徒歩10分
「新発田駅」 車で9分

駐車場①

店舗前2台(左側)

駐車場②

店舗向かい左奥から2台目(コーン有)

院長紹介

鈴木 健士
(SUZUKI TAKESHI)

●経歴紹介昭和53年5月5日生まれ
わかば幼稚園➔猿橋小学校➔猿橋中学校➔東京学館新潟高等学校➔
社会人➔赤門鍼灸柔整専門学校(仙台)➔接骨院、整体院、介護施設(リハビリ)などを経験後、
平成27年に整体すった家を開業し今に至る。

●保有資格・認定・習得
・柔道整復師(国家資格)
・操体師(宮城県 今昭宏先生に師事)
業界歴10年以上

●趣味
・サッカー観戦(小学校~社会人までプレイ)
・読書
・人生観を見つめること。

●メッセージ
治るためのお手伝いをしていきます!!
あなたが苦しみから解放されて、新しい人生を歩むキッカケになること。そうなれれば幸いです。

●長所
周りの人からはやさしい、まじめ、まっすぐであると言われます。

 

整体院を始めた理由

私が小さいころは身体の弱い子供だったようです。保育器に入っていたと聞かされたことがあります。さすがにその頃の記憶はありません。
しかし幼稚園(わかば)、小学校(猿橋)、中学校(猿橋)、に進むにつれて身体は強くなっていった気がします。

自分で言うのもなんですが、当時はスポーツができる方でした。
勉強はキライでした。
小学校の時は、年中半ズボンの子供っていますよね?
それでした(笑)
しかも毎日はだしで。

中学校を卒業して高校の進路を迫られた時、私はプロサッカー選手になりたいと思っていました。サッカーは小学校からやっていましたし、自信もありました。
当時の県内の強豪校だった東京学館新潟高等学校に入学しました。
当時は部員数100名以上いたと思います。
1年目でだいたいの部員が辞めていきます。当時は県内のトップレベルの選手たちが集まる学校です。なんとなくで入ってきてもついていけないのです。
私は3年間続けました。しかしレギュラーにもう少しというところでなれませんでした。

その後の進路も迷いました。サッカーが全てだったので目標が無くなりました。
なんとなく当時の担任に勧められた専門学校に入りましたが、1年で辞めました。
しかし当時は恵まれていました。母方の親が会社経営(牛乳屋さん)をしていたために私の父が2代目の社長をしていたのです。学校を辞めた後で少し外で働きその後はその会社で勤めました。

当時は20歳だったでしょうか。8年がすぎ、28歳の時に転機が訪れます。会社は母方の親族が多く働く会社でした。よくある身内のゴタゴタです。
その結果私の父、母、そして私が会社を辞めることになりました。

「何をすればいいのだろう…」「他の会社に就職か…」「自分に何が出来るのか…」
様々な選択肢の中で選んだのが、専門学校への進学でした。
実は高校の時にスポーツトレーナーを考えたことがあるのです。
その時はスポーツに関わりたい、人生の一発逆転、周りを見返す、すごいと言わせることをする。
といったサクセスストーリーを頭の中で描いていました。
本で調べ、接骨院や鍼灸などの職業が良いと考えました。
理由としては年齢があまり関係ない、一からの勉強である、独立できる、手に職をつける、国家資格であるというところです。

自分の貯金を全て使い、車を売ってお金にして学費にまわしました。

入学したのは仙台の赤門鍼灸柔整専門学校でした。
自分よりも10歳下の人達と一緒に勉強です。
正直、「負けられない」「絶対に学校で1番の成績をとる」と毎日必死で勉強しました。
他の人が遊んでいれば、チャンスとばかりに部屋で勉強の毎日でした。
勉強のしすぎで先生方からも勉強のしすぎだと止められることもありました。

その甲斐あってか学業をトップレベルで卒業し表彰され、国家試験も無事に受かり柔道整復師免許を取得しました。この資格があると接骨院が開業できます。
そのまま仙台で接骨院に勤めました。

勤務先で東日本大震災も体験しました。津波の来るところではありませんでしたが、家々がつぶれたり、食料が不足したり、ガソリンが無かったりと普通では経験しないこともしてきました。自然の恐ろしさやちっぽけな人間の文明。
そんなことを感じました。

接骨院勤務の話に戻りますが、非常に厳しい勤務先で、寝るのはプレハブ、冷暖房はなし、TVもなしという環境でなかなかに他と比べても良い環境とは言えませんでした。

しかし得るものはあります。

ここでの学びは自分から得ようとしないと何も得られないということです。
待っているだけ、居るだけでは何も得られないのです。

しかし勤務していると、電気をかけてマッサージしてウォーターベッドや首や腰の牽引などなど…
ちっとも患者さんが治っていないことに気が付きました。
これが保険内の治療なんだと愕然としました。
このために国家資格を取ったのか…
そして毎日来院する患者さんに愛想笑いで「痛い所に電気かけますね~」とか「明日の天気は~」などと話をしている自分に腹が立ちました。

その整骨院で2年経ちました。自分は長男なので新潟に戻るべきだと思い、長岡の整骨院へ。
ちょうどこの頃、介護施設がたくさん出来てきた時でした。
たくさんの整骨院が、将来の事を考えて介護事業に参入していました。
私もそちらの方を見てみたかったので、長岡の整骨院に勤めた後で、聖籠の介護施設に機能訓練士という入居している方に対してリハビリを行う役目として入りました。

2年半経ち、「このままでいいのだろうか?」と自分が主役じゃないと満足できなくなってきました。自分の判断で、自分の思うとおりにやってみたい。失敗したら…どうしよう…との思いもありましたが、悩んでいても始まらない。とにかく動こうと思いました。
休みを利用し、あちこちの整体院を体験してみました。それこそピンからキリまでの整体院が
有ります。もうこの時には保険診療は考えてなかったので、自費である整体院をとにかく受けてみました。

とある整体院で、今まで受けたことのないような技術に出会いました。
その先生に、お金をお支払いするので教えて欲しいと懇願し介護施設で働きながら、平日は終わってから、土日は日中から学びに行っていました。

その先生が一緒にやりたいと言ってくれました。私としては悪い話ではないですが、最終的には自分でやりますけれどもいいですか?と言っていました。
介護施設を辞め、先生と働く…ところでしたが、様々ありその話は流れてしまい、残ったのは私の無職…(笑)

これはもうやるしかないんだなと思い、開業を決断。

だから私の場合は開業って手段でした。
生活の手段、収入の手段。
けっこうみんな整体院やっている人って患者さんの為とか、患者さんに喜んでもらう…
とか言うじゃないですか?

私の場合は私の居場所という感じです。
基本的に私が会社員していた時って、すごく気を使いました。気を使いすぎて疲れ果ててましたよ。
そんなの自分嫌だなと思ってましたから。
本当に自分を必要としている人と
ほんわかした感じで、仲良くやっていきたいって感じです。
で、何かを感じ取るキッカケにしてほしいと思っています。

この整体院は自分が自分らしくいれる唯一の場所。

開業当初はね「必ず1回で治す!」という考えでやっていましたよ。
最初の2年間はこれで悩みました。
「1回で治らない・・・」なぜなんだろう?
私の技術が足らないのではないかと毎日毎日考えました。
患者さんを恐ろしく感じる時期もあったし、来ないで欲しいと思うこともあったのです。
そのくらい考えていました。

そんな時に、東京であるセミナーに出ました。
ここが私の分岐点だったと思います。

そのセミナーでは、痛み・コリ・シビレなどの症状が出る前には「歪み」が発生していて、その蓄積によって症状が出ているのだよと。そこで私は納得したんですね。だから人によって改善の回数が違うのかと。その歪みの蓄積が多い人はやはり回数はかかるんだなと。
全てを1回でというのは、その時だけ良いのであって、その後のことも考えなければいけないという考え方になりました。

その中で「歪み」に対してアプローチ出来る方法。安全で高度な良い治療法である「操体法」と出会うことが出来ました。これこそが求めていた治療法であると考えています。
しかし技術の向上に終わりはありません。今も定期的にセミナーに出かけています。

私が楽しく、患者さんも楽しくいれる場所が整体すった家です。
そして、自分でそのような体にしていたんだという気づき(自分で気づく)があると必ず自分で治せるという解釈になります。

そのように「自分を理解」できるように頑張っていきましょう。
自分を愛して、もっとわがままに自分らしくを探していきましょう!

 

整体すった家 院長
鈴木 健士

 

 

施設紹介

施術スペース

受付

資格など

外観

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。