頭痛

こんな症状で悩んでいませんか?

  • ・脳外科では緊張性頭痛と言われた。
  • ・頭痛薬で我慢している
  • ・マッサージでその場をしのいでいる
  • ・病院の検査では特に問題がなく、肩こりが原因と言われた。
  • ・台風の前日に頭痛が酷くなる
  • ・本当は薬には頼りたくはない

頭痛とは?

頭痛の原因としては肩こりからくる血行不良によるものなどで、多くの場合肩こりとセットで頭痛を持っている人が多いです。

緊張性頭痛は頭痛の中でも最も頻度が高いもので、頭の両側に痛みが出て圧迫感や締め付けられる感じがすると訴える人が多いです。
片頭痛は頭にズキズキとした痛みが頭の片側に起こるものです。

また、今までに感じたことのない頭痛(吐き気や嘔吐、手足の動きにくさが出ているもの)はくも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、などが疑われる二次性頭痛と言われるものは命に関わるのですぐに病院に行かなくてはいけません。

他の院で良くならない場合

多くの場合、痛み止めのお薬や痛みが出たらマッサージに行くなどの対処療法として頭痛と関わっている人がほとんどだと思います。これでは当然症状がなくなるわけはなく、ご自身では「しょうがない」とあきらめている人もいます。とはいえ、症状的には段々とひどくなってきます。

当院での改善方法

多くの場合は肩こりから来ている場合で、筋肉のコリによって血行不良が起こり、筋肉に酸素や栄養が届かなくて、本来持っている筋肉の機能が失われているということです。うまく伸び縮みができない状態です。そうすると、血液が頭にうまく流れなくなるわけです。
頭に血液が十分にわたっていないので、常に頭は酸素不足、栄養不足なので頭はボーっとして集中力もなく、痛みも出ているということです。まずは固くなり機能が失われた筋肉の機能改善と癒着をはがします。ただ揉むということとは違います。筋肉の癒着が剥がれたら、筋肉の中を通っている血管や神経の流れがよくなります。そして、筋肉が通常の働きができるようになり、頭の方にも血液が流れていきます。

また、歯の治療を行っている場合にも頭痛が出る人がいます。そこも見ていきます。私だけが理解するのではなく、患者さん自身が理解できるようにわかりやすく一緒に確認していきます。施術の後に「よくわからないけど良くなった」ではなく、「そうか!だから痛かったんだ!それがこうなったから良くなったんだ!」と自分でも理解できるように説明します。

そして当院では「施術」+「治し方を学ぶ」+「心のケア」というように、施術以外でも患者さんに安心していただけるようにしています。「治し方をお伝えする」というのはお身体を見させて頂き、施術の結果を見て、「この人にはこれをお伝えして症状が戻らないようにもっと良くなってもらうようにこれをやっておいてくださいね」というものです。施術だけではだめなのか?と思われるかもしれませんが、施術と言うのは「魔法ではなく」「身体をコーティングして良い状態を長持ちさせる」というものでもありません。ご自身の生活状態が悪ければまた痛みやしびれは出てきます。難しい事ではありません。体操や筋トレではありません。非常に簡単で、その場で効果があったものしかお伝えしません。なので人によってお伝えすることが違ってきます。その人だけの治し方を教お伝えしていきます。
そして心のケアとして、今現在の不安や人間関係、仕事、家庭などの悩みも聞いていきます。話をするだけでも、頭の中が整理されてスッキリします。気持ちの落ち込みからも身体の調子に影響してきます。このように当院では頭痛というものを痛みの観点だけではなくて、施術+治し方をお伝えする+心のケアの3つを軸にして人を大切にして広くサポートしていきます。

よくある質問

Q 頭痛薬は飲まない方が良いですか?

A

痛みが強い場合は我慢する必要はないので飲んでもよいと思います。ただ不安だから、痛くなったら困るので、前もって飲んでおくというような予防の意味で飲むのはやめた方が良いかと思います。薬は予防ではなく、痛みを一時的に抑えているものです。お身体を薬を飲まなくても良い状態にすることが大切です。

Q 台風や気温の変化が大きいとひどくなるような気がします。

A

台風によるものは気圧の変化によるものです。気温の変化は気温の差が7度以上の時に生じることが多く、どちらも自律神経が過剰に働くためです。

お客様の声

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。