ブログ

【「治し方を伝える」ことの意味とは?】

こんにちは。
新潟県新発田市の整体すった家のすずきです。
本日もお願い致します。

「治し方を伝える」っていったいどういう整体院なのか?「整体院は痛みやしびれを取ってくれる場所」ではないのか?「先生が治してくれる所」ではないのか?なのに「治し方を伝える」ってことは自分でやるの?セルフ?などなど疑問を持つかと思います。ちなみに施術+「治し方を伝える」整体院になります。

なぜこのような整体院にしたのかというと…以前の私は多くの方が思うような「治せる先生」「ゴッドハンド」「魔法のような施術」というものを求めていました。そしてたくさんのセミナーに参加し、全国を渡り歩きました。お金は全て勉強のために使いました。そしてすべての症状や難病を治せるように…はならなかったわけです。

そもそも「治る」ということをどのように考えるかですが、「その時」施術を行うことで一時的に良くすることは難しくないと思います。しかし、それがずっと続くということはあり得ない話です。なぜか?考えてみれば簡単なことなんです。

そもそも痛みやしびれが出たのはなんで?ということです。「痛い」や「しびれる」という所からスタートすると、「痛み」を取ってほしい。「しびれ」ないようにしてほしい。ということを考えます。それに対して施術を行い痛みやしびれをとりますよ。というのが通常の治療院なのだと思います。

しかし、一時的に良くなっても、繰り返したり、良くならなかったりします。なんで痛みやしびれが出たの?という所から考えれば、痛みやしびれが出ている「自分の問題」になります。

これはその人が悪いとか良いとかを言っているのではなくて、そこに目を向けないと治らないと思っています。もちろん他人に頼る時は頼る必要がありますが、自分でそのような痛みやしびれを出していたことに目を向けれない人が実は多いのではないかと考えています。

というか目の向け方が分からない。それに気が付いたのは整体院を開業してから7年が経過した時です。非常に長い間、患者さんの「全て」を引き受けてもがき苦しみながら、なんでも治せる神様になろうとしていたのです。その結果、人と世の中を信じられなくなった自分がいました。

こういう考えを言ったら患者さんは来なくなるのではないだろうか?嫌われるのではないだろうか?そのように考えたこともありましたが、自分は「本当の事実」を伝えることが何よりも大切であると考えています。

実際に何が問題なのか?これは様々であり、人によって違います。例えば、腰が痛い症状の患者さんが「背筋をピンと伸ばすことが良い事である」と考えているとします。施術を行いました。結果、その時の腰痛は良くなりました。

しかし、何日か経つとまた腰が痛くなりました。施術と言うのは魔法でもないし、体にコーティングをするわけでもなく、その人の必要な刺激を与えることによるその人の体の反応になります。なので、それが続くか続かないかというのは普段のその人の大きな意味での生活(過ごし方)によるのです。

この方の場合は、背筋をピンとしていることによって肩や胸や体全体の筋肉を自分で固く緊張させて過ごしているわけですから、腰が痛くなるわけです。ここまで聞くと「へー、背筋ピンって駄目なんだー、いいこと聞いた」というように「知識」で終わります。「だれだれの後援会行って来たらいいこと言ってたよ」とあんまり変わりません。そのうちに忘れます。

大切なのは「知識」+「実践」になります。頭でわかったけれども、どうしていいかがわからないわけです。「治し方を伝える」というのは知識はもちろんですが、実践を教えていきます。非常に簡単に、そしてその人に効果があるものをです。

実践してもらうことで、体は変わってきます。自分の体がどのようになっているのかもわかってきます。知識と実践をすることで、自分が納得できます。「こういうことかー」「なるほどねー」というように「腑に落ちます」

そして、私が本当に伝えたいことは、治し方を伝えることによって、自分の体を自分で触る、感じることにより、「自分に目を向けること」が出来てくるんです。

生活をしていると仕事や家庭で、他人の愚痴や他人と比べたり、他人のせいにしたりということが多くの場合行われています。これは外側に目が向いていると自分に起こるそのような「もやもや」や「感情」などが自分で処理できないから外側に意識がいってしまうんですね。

私は以前こうでした。相手が青色の言葉を投げかけてくれる、でも自分に入ってきたらそれは青色ではなく紫色になっている。相手は青なのに自分は紫で受け取る。これは私が人を信じていないからそのように素直に受け取れないのです。

「先生優しいですね」と言われても「そんなことは本当は思っていないはずだ、これはお世辞なのだ」と言うように受け取ってしまうわけです。だから「いやいや、そんなことはないでしょう」みたいな返事をすると相手は「えっ?」となるわけです。「えっ?」の積み重ねなのでそれでは人との関係はうまくいきません。

自分に目を向けることで他人は関係なくなります。心も穏やかになります。心の波も少ないです。そのように身体も心も連動しています。あなたの幸せのために、私がキッカケになれれば幸いです。

 

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。