ブログ

首の痛みの改善例

首を左に捻ると右の首が痛い、可動域が狭い。

首を左に曲げると右の首が痛い、可動域が狭い。

という患者さんの改善例です。

 

まず、体の気になる点で言うと、この方は背筋を常にピンとしている方なので、胸の筋肉がパンパンに張っている。

(自分で胸を開いているような状態)

ふくらはぎが左右比べると左が張っている。

この2か所が気になりました。

 

そこまでわかれば、その2点を施術して症状の変化があるかどうかを確認していきます。

左のふくらはぎから施術をします。

骨に筋肉が張り付いている感じと、踵や足首周辺までが筋肉が薄く張り付います。

なのでこれらをはがしてあげると、ふくらはぎは柔らかくなります。

 

ここで、症状の確認します。

すると首の可動域や痛みが改善しています。

 

なので、信じられないかもしれませんが、この患者さんの首の症状と言うのはふくらはぎの筋肉が固くなっていたから。

と言うことになります。

 

本当の原因はなんでふくらはぎが固くなっていたのか?

という所になりますが、これはご本人にも考えてもらう部分になりますね。

以上。症例でした。

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。