ブログ

腰痛の患者さんの症例(腕が原因のパターン)

腰の左側が痛い。

左のふくらはぎも張っている。

立ち上がりの時に特に痛む。

という症状の患者さん。

 

最初にふくらはぎを施術しました。

少し変化が出ましたが、なんだかイマイチです。

こういう場合は足に問題がない場合が多いので、違う場所を見ていきます。

 

上半身を触らせてもらい、左肘付近の筋肉が固くなっています。

非常に固くなっていました。

 

左の肘付近の筋肉を緩めて、肘の関節が上手くはまっていなかったので、はめました。

そうすると、不思議と腰の痛みは治まりました。

 

このように、腰以外の場所に問題があります。

それは、その人の生活によって変わってきます。

 

話をすると、常に力が抜けない人で「力を抜いて」と言われると抜き方が分からないといいます。

こういう人は常に力が入っている状態が長いんです。

 

仕事でも力が入っている。

ドアを閉める時もバンッと閉める。

物を置く時も勢いをつける。

つまり、パワフルな方です。

 

この方が力を抜けるようになるには、物を置く時に静かに置く。

ドアを閉める時も静かに閉める。

というように、物を大事に扱うというようなことから始めていきます。

そうすると、力が抜けるということがわかってくるんです。

 

それを実践していただくこととしました。

帰りの際に、「出来るように頑張ってみます!」

と言って、ドアを「バンッ!」

と閉めて帰られました。

 

まだまだ先は長いようです。

 

 

 

 

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。