ブログ

股関節の動きが悪い患者さんの改善例

左の股関節の動きが悪い。

あぐらをかくと左の股関節の方が右よりも浮いている。

そのような症状の患者さんです。

 

実際に仰向けになってもらい、両方の股関節の動きを見ていくと、右の方は問題なくスムーズに動くのに対して

左の方は動かすと鈍い感じ。少しぎちぎちしています。

そんなにひどくはないのですが、ご本人は気になってしょうがないわけです。

 

股関節から離れた足首を見ると、左の足首の外側(くるぶし)の後ろに触ると痛みを感じる部分があります。

これはアキレス腱の付着部でして、要は筋肉が骨にくっついている場所になります。

この場所が固く張り付いているんですね。

 

ここが張り付いているために、股関節を引っ張ってしまい股関節の可動性が悪いということです。

とはいえ、それを説明してもなかなか理解はできません。

 

なぜなら多くの患者さんが、「痛い場所に問題がある」とばかり思っているからです。

だから痛い場所を揉んだり、伸ばしたり、湿布を当てたりしますが、良くならないんですね。

 

さて、この左の外側のくるぶしの後ろの固さを取っていきます。

やり方は何でも良いわけです。

揉んでも、はがしても、掻いても。

結果として筋肉が緩めばいいです。

 

ここを緩めてから可動域をチェックすると、左の股関節はスムーズに動いてくれました。

なので、今回の症状の問題の部分はこの場所で合っているわけですね。

 

 

LINE facebook

新潟県新発田市富塚町1丁目5-19
「西新発田」駅徒歩10分、
「新発田」駅車で9分 / 駐車場:3台

ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

0254-28-8722
診療時間 日・祝
9:00~19:00

不定期にお休みをいただく場合があります。
日・祝の営業時間は、9:00~12:00となります。